a-makoto0410’s blog

台湾の中国語や台湾のことについて発信していきます。

〜臭豆腐を知ってほしい〜

こんにちは。

今回は前回の記事で触れた臭豆腐(中国語読み チョウドウフ)について綴りたいと思います。私が個人的に大好きなので少しでも臭豆腐ファンを増やしたいが故にいつも以上に気合入ってます 笑

 

f:id:a-makoto0410:20170402173644j:image

写真を見てください!これが臭豆腐です!台湾の夜市で購入して撮影しました!台湾の夜市には必ずと言っていいほど臭豆腐の店があります!(場所によって色々な臭豆腐があります、その地域の特色が出てるように感じます)見た目は揚げ出し豆腐ですね、上にトッピングされているのは、台湾風キムチ(奥さんが言ってました)です。

日本の弁当に入ってたりするあの漬物を甘辛にした物と言えばわかりやすいでしょうか。この台湾風キムチと合わせて食べるとこれまた美味しいんです!!!→本当です 笑

 

しかし、前回の記事でも触れましたが、この臭豆腐を嫌いな日本人の方々が、、悲しいことにたくさんいらっしゃいます。私の日本人の友達もそうでした。やはり原因は臭豆腐だけに臭いのようです…泣

確かに作る過程で発酵した液に浸けてるので、どうしても中華系の香辛料と相まって発酵したが故に臭いが出てしまうのは仕方ないことです…苦笑

 

ただ、日本にも伝統的な臭い発酵食品がありますよね??ご存知の通り納豆です。個人的に納豆と臭豆腐、臭いレベルで言ったら同等くらいかと思います(笑)私が言いたことは、納豆が食べられるならきっと臭豆腐も食べられる!と言うことです( ̄▽ ̄)

→少々無理がありますかね(笑)私はそう信じています。

 

台湾でうちの奥さんと行動していると、夜市に行く時、夜に夜食が食べたくなった時にほぼ必ず臭豆腐を食べています。(奥さんの実家の近くに毎週決まった曜日に臭豆腐屋さんが販売にやって来ます、私はこれを毎回楽しみにしています)夜食に食べるとこれがまた良い、最高の夜食になります!笑  

 

肝心の味はと言うと臭豆腐にも色々あるので一概には言えませんが、独自のタレが甘辛さを引き立てていて食べやすいです。また台湾風キムチと一緒に食べるとさらに旨さが引き立ちます。

今迄台湾の臭豆腐を食べてた中で一番美味しかったのは台南の夜市で食べた臭豆腐ですかね…奥さんも絶賛していました!この夜市の場所は、台南駅からタクシーで15分くらいのところにある大東夜市です。訪れた当日は多くの人で賑わっていました!

ちなみに、この台南という場所(台北から新幹線で2時間くらいかな)の食べ物は本当に美味しいんです!色々と有名な食べ物があります、台南のことはまたの機会に記事にしようと思います!お楽しみに^_^

 

 

〜台湾って何語?台湾語?〜

こんにちは。

今日は台湾で話されている言語について綴りたいと思います!

 

日本人の多くの方が台湾を知っていることと思いますが、台湾人が何語を話しているか、イマイチわからない人が多いのではないのでしょうか。 

 

「台湾人だから台湾語??」

はい、確かに台湾語はありますし、台湾人の多くの人が台湾語を日常的に使っています。しかし、台湾の国語は中国語です、台湾語はあくまで方言的なものになります。ご存知の通り中国語と言えば…

你好(ニーハオ),謝謝(シェシェ)…

中国大陸で話されている中国語とほぼ同じです(若干の発音や表現の違いはあります)中国大陸では中国語の事を普通話(中国語読みはプートンファ)、台湾では國語(中国語読みはグォーユー )と呼ばれています。何故呼び方が違うか、これを話すと長くなるので、また別の時に綴りたいと思います(中国、台湾の歴史に関わっています)

この事実をご存知ない方、意外と多いのではないでしょうか。私も大学で台湾のことを勉強してから知りましたし、私の同僚は台湾=台湾語とついこの間まで思っていたそうです。

 

ここ最近、日本と台湾間は文化、経済交流がとても盛んで旅行雑誌でも台湾特集がたくさん組まれています。最近の調査では、日本人の渡航先ランキング一位は台湾、台湾人の渡航先ランキング一位が日本という結果が出ている位交流が盛んなのです。私の日本人の友人もほとんどの人が台湾に行ってるというくらいです^_^

 

しかし、こんなに交流が盛んなのに言語一つとっても知らないことがたくさんあるように感じます。

初回の記事で触れましたが、私の奥さんは台湾人です。奥さんの生まれ育った台湾のこと、もっともっと多くの人に知っもらいたいと思っています。私自身もたくさん台湾に行っていますが、知らないこともまだまだたくさんあります。このブログを読んで頂けた方が少しでも台湾に関心を持ってくれて、台湾に行ってみよう!と思ってくれたら本当に嬉しいです。

 

最後に一つ中国語を教えたいと思います!

「拜拜~」

どういう意味だと思いますか??

意味は…バイバイです、読み方もそのままです!笑

少しでも中国語を学んだことがある方は⋯⋯

再見(中国語の読み方はザイチェン)という表現をご存知かもしれません、同じくじゃあね、さようならの意味になります。

しかし、台湾人と友達関係になると、別れ際にみんな拜拜~と言うと思います(発音が日本のバイバイと少し違うので、これは実際に台湾人に会ったら聞いてみてください 笑)

 

台湾の中国語については、今後も色々と記事を書いていこうと思っていますので、お楽しみにしてください、そして私も中国語の勉強頑張ります!

 

拜拜👋

 

 

 

〜初めて台湾に行った時の印象〜

みなさんは台湾に対してどんな印象をお持ちですか??今回は私が初めて台湾に行った時のことをブログに綴りたいと思います。

 

私が初めて台湾を訪れたのは、2年ちょっと前、今の奥さんとまだ付き合い始めた頃のことです。

空港に着いてまず最初に感じたことは、意外に寒い…笑 台湾は沖縄の下だから南国だろうという先入観のせいでいきなり面食らいました(笑)ちなみに寒さが厳しいのは台北で、南下すればする程暖かくなります。特に台南は暑いです。

 

意外な寒さにたじろぎながらも、奥さんのお父さんの車で、台北の中心街に移動し、松山空港(台北の中心街に近い空港、一番大きい成田空港的な空港は桃園空港)近くのスタバで奥さんのおばあちゃんとお姉さんと一緒にカフェで休憩。

(この時まだ付き合って間もない男を暖かく受け入れてくれたお義父さんお義母さんには本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。)

ちなみに台湾のスタバにはホワイトモカが無かったのが残念でした…笑

 

そして奥さんの実家に泊めてもらうことになりました。初めて台湾人の家に入った印象は、天井が高いな〜と思いました。こっちの方が開放感があって落ち着きます。日本の家の天井はなんであんなに低いのか、圧迫感を感じちゃいますね…苦笑

 

旅行中は色々な所へ行きましたが、特に印象深かった場所は九份です。ここは千と千尋の神隠しの舞台となった場所で、年間多くの日本人観光客が訪れます。そして実際に現地でかなりの日本人観光客を見ました...笑 そして夕暮れ時になると、街がライトアップされ、本当に映画の中にいるような景色を体験することができました。台北に戻る前に奥さんや台湾の友人らとお茶屋に入り台湾茶を堪能しました、台湾のお茶は本当に美味しいです、色々な種類のお茶がありますので、訪れることがあったら是非飲んでみてほしいです ^^)

 

そして最後にお伝えしたいことは、台湾の食べ物は、めちゃくちゃ美味いです!有名レストラン(鼎泰豊など)はもちろんですが、私は夜市をお勧めします!!初めて台湾の夜市を訪れた時の印象は、お店がありすぎ、美味しいそうな物がありすぎてどれを食べるか決められないといった感じです(笑)

ちなみに夜市の食べ物の中で日本人の多くの人が嫌いなもの、それは臭豆腐(しゅうどうふ)です....(笑)納豆の豆腐バージョンと言えばイメージしやすいかもしれません、確かに臭いです、でも美味しいんです!笑 興味がある方は是非食べてみてください!私は大好きで台湾に行くときは必ず食べますし、大好きな台湾食はと聞かれたら必ず臭豆腐と答えます!笑

 

今後も色々と大好きな台湾のこと、ブログに綴っていきますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

~国際結婚について考える~

「国際結婚・・・○○国と○○国のカップル」

大学時代、国際色豊かな学部で勉強していたせいか、凄く憧れがありました。実際に何人かの友人も外国人の方とお付き合いをしていました(私の親友もインドの女性とお付き合いをしていました→すぐ分かれてしまいましたが・・・苦笑)。

 

そんな学生時代から憧れていた国際結婚、まさか私も国際結婚をすることになるとは、思いもしませんでした。私が国際結婚をしたのは昨年、奥さんは台湾人です(日本語がめちゃくちゃ上手く、賢いキレ者で、逆に助けてもらうことの多い毎日 笑)お互い好きなバスケットを通じて知り合い(奥さんは、たまたま中国語が得意な友人のFacebookファンページを見て、私と友人が通っていたバスケットチームの練習に来たことがきっかけでした)今日に至ります。

 

日本と台湾、同じ東アジアの国ですが、言語はもちろん文化や価値観など多くの違いがあります。時に頭の中でわかってはいても、奥さんと喧嘩してしまうことも多々あります(奥さん、いつもごめんなさいm(__)m)そんな私たち以外にも、国際結婚をされた方々やこれから結婚するカップルの方々、みなさんも同じような問題を抱えているのではないでしょうか。。。

ただそんな時は、思い出してください(特に日本語しか話せない日本人の方へ)奥さん、または旦那さんにとって日本語はあくまで第二言語です。どんなに流暢な日本語を話せても言葉の本質が全て伝わることはないと思います。そしてこれは私自身の現在進行形の目標ですが、奥さんの母国語(中国語)を学び理解することです→2年間勉強していますがやっと初中級くらいかな・・・中国語は難しいです・・・苦笑

相手の母国語を学ぶことは、相手の本質を少しでも理解するための大切なツールです。自分自身に再度言い聞かせる意味も込めて、この記事を書きました。少しでも多くの国際カップル、または国際結婚に憧れている方々の手助けになればと思います。